所長ブログ

2014年6月 2日 月曜日

[書評]吉村良一 不法行為法(第4版)(有斐閣)

1冊書評をしたいと思います。今回、書評をするのは、「不法行為法」です(本記事は書評なので、この後は、「です」「ます」調ではなく、「だ」「である」調で書きます。)。

本書の著者は、立命館大学法科大学院教授であり、ご専門は、不法行為法、環境法である。特に、公害関係の問題に関しては、優れたご論考が多く、原発事故被災者に関する事件の処理の際には、参考にさせて頂いている論文も多い。

本書は、その吉村教授による「不法行為法の『標準的な教科書ないし参考書』をめざして執筆」された書物である(はしがきⅲ頁)。不法行為法は、条文が少ないにもかかわらず、適用される範囲は広範にわたり、条文が、特に、抽象的なためどうしても何かあいまいな気分が残る分野ではある。しかしながら、実務ではよく使う分野の一つであり、当然、この分野が苦手ということは許されない。本書は、「不法行為の目的の第一は、生じた損害を填補し、原状を回復することにより被害者を救済すること」(16頁)という点を基本的な視点に据えて、不法行為法を解説するものであり、学生向けであるから分かり易いものであるが、著者が公害関係の問題を中心にご研究されていることもあり、被害者救済という観点がきちんと押さえられている。

原発事故もその一種ですが、公害関係の事件は、どうしても大半の資料は加害者が握っているということもあり、また、金銭に換算することが困難な、しかし、以前は存在し利益を享受できるものがあったことも確かなものが多く存在することもあり、被害者側の弁護士は大変、苦労するものになります。その際に、本書は、頼りになる基本書といえます。

当職は、本書で得て知識も生かして、原発事故被災者のためにさらに頑張る所存ですし、また、原発事故以外についても基本を重視して語彙ら使者様の為に最善を尽くすように努めていますので、何かお困りのことがありましたら、ぜひ、東京・池袋所在の林浩靖法律事務所にご相談ください。

弁護士 林 浩靖

投稿者 林浩靖法律事務所

カレンダー

2018年7月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31