所長ブログ

2015年10月 1日 木曜日

[書評]市村健一・山川清三編 20日完成スピードマスター政治・経済問題集(山川出版社)



1冊、業務と関係のない書物の書評をしたいと思います。今回、書評をするのは、「大世界史」です(本記事は書評なので、この後は、「です」、「ます」調ではなく、「だ」、「である」調で書きます。)。

本書は、高校生用の学習参考書(問題集)であり、センター試験や高校の定期テスト対策行うための書物であるが、「頻度の高い用語を問題」(1頁)とし、全て、語句の穴埋め問題なので、大学生や社会人が基礎知識の確認に用いるためにも有用と思われる。「20テーマに分けて学習内容をまとめて」(1頁)おり、その他、「アタック」として、全体の復習になる事項を6テーマに分けて、「ユニークな視点でまとめてある」(1頁)から、憲法・国際法・国際政治・経済学などの基本が身に付いたかを確認することができる。
逆に言えば、この書物で問われている程度の知識は身に付いていないと、憲法改正の議論にしても、国際情勢にしても、経済記事にしても、新聞を読んでも、本当の意味が分からず、ただ感情的に考えるしかなくなってしまうだろう。

弁護士という仕事は、依頼者の皆様のために頑張るのは勿論ですが、生じているトラブルは社会情勢が反映される面があります。法律以外の点についても、基礎事項をきちんと学んでおりますので、何かお困りのことがありましたら、ぜひ、正義を守る法律事務所である東京・池袋所在の林浩靖法律事務所にご相談ください。

弁護士 林 浩靖

投稿者 林浩靖法律事務所 | 記事URL