所長ブログ

2014年12月29日 月曜日

[書評]佐竹健治・堀宗朗編 東日本大震災の科学(東京大学出版会)

1冊書評をしたいと思います。今回、書評をするのは、「東日本大震災の科学」です(本記事は書評なので、この後は、「です」、「ます」調ではなく、「だ」、「である」調で書きます。)。

本書は、東京大学の教授・准教授8名の共同執筆で、「東京大学前期課程の全学自由研究ゼミナールに基づ」く書物である(はしがきⅲ頁)。元々が、大学1・2年生向けになされたゼミを下敷きにするものであるから、特殊な前提知識を要求されるものではなく、高校の地学の参考書を手許において読めば、誰でも読み進めることができるだろう。

しかしながら、内容の程度は高く、また、扱う範囲も多岐にわたっている。まず、東北地方太平洋沖地震の地震像として、①「震源破壊域は南北約五〇〇㎞、東西二〇〇㎞に広がる。とくにすべりの大きい領域破壊開始点から海溝まで及び、その量は五〇mを超えた」、「浅い領域と深い領域とですべり方が異なる。大きなすべりが生じた浅部での破壊は比較的ゆっくりであるが、深部側では速い動きの破壊が生じ、強い地震動を生成した」(ともに3頁)との2点の特徴を示し、説明を加えている。

その上で、次に、地震から津波に話題を移し、津波地震と貞観地震タイプの地震の2つの種類があることを示し、「二〇一一年東北地方太平洋沖地震は、一八九六年明治三陸地震と同様な津波地震タイプと、八六九年貞観地震タイプの地震が同時に発生し、連動することによって規模が大きくなった」(60頁)と説明する。また、「津波の高さ」には3種類あること(75頁)等もきちんと説明されている。

そして、防災や経済活動への影響なども説明されており、現在、東日本大震災のメカニズムを知るためには、手に取りやすい書物といえるだろう。当職も、本書で得た知識を活かしながら、弁護士として、原発事故被災者のためにさらに頑張る所存です。

また、原発事故以外についての情報も、常にキャッチアップするように努めていますので、何かお困りのことがありましたら、ぜひ、東京・池袋所在の林浩靖法律事務所にご相談ください。本年も最後になりました。良いお年をお過ごしください。

弁護士 林 浩靖

投稿者 林浩靖法律事務所 | 記事URL

2014年12月26日 金曜日

年末年始休業のお知らせ

林浩靖法律事務所は、年内は、本日までの営業となりますので、本日夕方以降に頂いたお問い合わせについての回答は、1月5日(月)以降になります。新年は1月5日(月)から執務いたします。

本年もありがとうございました。
来年も、東京・池袋の林浩靖法律事務所をよろしくお願いいたします。

弁護士 林 浩靖

投稿者 林浩靖法律事務所 | 記事URL

2014年12月23日 火曜日

Frohe Weihnachten und ein gutes 2015

(本記事はドイツ語になります。Der Artikel ist mit Deutsch.)

Sehr geehrte Damen und Herrn,

wie geht es Ihnen?

War dieses Jahr ein gutes Jahr für Ihnen?

In diesem Jahr habe ich leider nicht zum Ausland gereisen, weil es billigerer Yen wurde. Ich möchte im neues Jahr nach Deutschland reisen.

Immer noch nehmen die Touristen (besonders Ausländertouristen) in Fukushima ab. Um das sind die Personen in Fukushima verlegen.
Ich würde mich sehr freuen, wenn Sie nach Fukushima reisen kommen.

Frohe Weihnachten und ein Glückliches Neues Jahr!
 
Mit herzlichen Grüßen

Hiroyasu Hayashi

投稿者 林浩靖法律事務所 | 記事URL

2014年12月15日 月曜日

[書評]田辺元 歴史的現実(こぶし書房)

1冊書評をしたいと思います。今回、書評をするのは、「歴史的現実」です(本記事は書評なので、この後は、「です」、「ます」調ではなく、「だ」、「である」調で書きます。)。

本書は、戦前、京都帝国大学教授を務めた田辺元の著作。戦前の連続公演をまとめ、1940年に刊行された「歴史的現実」(第1部)と、戦後、1947年に発表された「種の論理の弁証法」が収録されている。

第1部の「歴史的現実」は、戦前、岩波書店から刊行されていたが、戦後、同版元は刊行していない。結局、2001年になって、こぶし書房という日本革命的共産主義者同盟革命的マルクス主義派(革マル派)系の出版社から刊行された。

著者は、「国家」というものの理想的な在り方を探求しようとしている。しかしながら、「個人は国家を通して人類の文化の建設に参与する事によって永遠に繋がることができる」(71頁~72頁)という立場から導かれる実戦的な帰結は、国のために死ねということに他ならないから、時代の流れに乗って誤りを犯したというよりないだろう。戦後に刊行された「種の論理の弁証法」において、著者は、「宗教的立脚地に於ける人間の根源悪の自覚と、それに対する懺悔」や「国家の自己矛盾性」をきちんと踏まえなかったために誤った(214頁)としているが、時勢にのろうとしているだけのように思える。京都学派の代表的な哲学者であり、その著作に目を通しておく意義はあると考えるが、右翼的な傾向があることは否定できず、むしろ警戒すべき考え方というべきであろう。

弁護士という仕事は、依頼者の皆様のために頑張るのは勿論ですが、悪をはびこらせるようなことはあってはならず、そのための価値判断をきちんと持っていないと悪の手助けをすることになりかねない面があります。思想をきちんと学び、必要なときは困難とも闘いながら、正義を実現していきたいと思います。何かお困りのことがありましたら、ぜひ、正義を守る法律事務所である東京・池袋所在の林浩靖法律事務所にご相談ください。

弁護士 林 浩靖

投稿者 林浩靖法律事務所 | 記事URL

2014年12月 8日 月曜日

[書評]弥永真生 リーガルマインド商法総則・商行為法(第2版補訂版)(有斐閣)


1冊書評をしたいと思います。今回、書評をするのは、「リーガルマインド商法総則・商行為法」です(本記事は書評なので、この後は、「です」、「ます」調ではなく、「だ」、「である」調で書きます。)。

本書の著者は、筑波大学ビジネス科学研究所の弥永教授であるが、弥永教授は、司法試験や公認会計士試験、不動産鑑定士試験にも合格されているので、学生の現実的な状況をよく承知している先生と言える。本書は、リーガルマインドシリーズの一冊であるから、学生向けの教科書であるが、「[ケース]を設定し、商法総則・商行為法の議論を具体化」(はしがきⅱ頁)し、さらに「図表を用いて」(はしがきⅱ頁)整理が行われているので、本の厚さの割には情報量が多い。その意味で、学生向けの教科書ではあるが、実務的にも必要な情報量は確保されている。商法総則・商行為法は動きの少ない分野であり、出版される書籍も多くはない。そのような中で本書は、「非訟事件手続法などの法改正に対応」(はしがきⅰ頁)して、素早く改訂されており、最新の情報が反映されている書物といえる。

林浩靖法律事務所では、基本を大切にして、依頼者の皆様に、必ず、ご満足いただけるサービスをご提供しています。何か、お困りごとがございましたら、ぜひ、東京・池袋所在の林浩靖法律事務所にご相談下さい。

弁護士 林 浩靖

投稿者 林浩靖法律事務所 | 記事URL