所長ブログ

2014年9月29日 月曜日

[書評]宮本憲一 戦後日本公害史論(岩波書店)

1冊書評をしたいと思います。今回、書評をするのは、「戦後日本公害史論」です(本記事は書評なので、この後は、「です」、「ます」調ではなく、「だ」、「である」調で書きます。)。

この本の著者は、大阪市立大学名誉教授で、その専門は、環境経済学・財政学である。環境問題は、すぐれて学際的な分野であり、法律学、経済学、医学、科学など多数の分野が関連する。さらに、公害問題は深刻な社会問題であり、本書は、「この公害問題と対策の歴史の記録」(1頁)であり、「その歴史的教訓を明らかにし」「現実への警鐘」(1頁)とするものである。「公害裁判は問題の解決に大きな役割を果たしただけでなく、公害論を前進させた」(746頁)から、4大公害裁判(第4章)を独立の章として取り扱うなど、環境法上、重要な裁判については、判例集では知ることのできない詳細な事実関係や、和解の場合でもその内容などを知ることができる。原告がどのような法律構成を考えたかが、判決内容に劣らず重要な環境法の分野では、このような詳細が述べられている書物は、環境法の体系書や判例集とは異なる意味で有意義な書物といえる。
著者の専門の関係から、「学際的な分野を政治経済学の視点で裁断している」(745頁)面があり、また、高知地方裁判所を、通常の略称である「高知地裁」とせずに、「高知裁判所」(374頁)とする等、法律の世界の一般的な使い方とは異なる用語の使い方をしているような部分もあるが、それでもこの書物の持つ意義を下げるものではないと思う。

林浩靖法律事務所は、法律に限らず、関連分野の知識についてもきちんとフォローしていますので、必ず、ご満足いただけるサービスをご提供しています。何か、お困りごとがございましたら、ぜひ、東京・池袋所在の林浩靖法律事務所にご相談下さい。

弁護士 林 浩靖

投稿者 林浩靖法律事務所

カレンダー

2018年7月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31