所長ブログ

2015年7月29日 水曜日

[書評]鬼頭秀一・福永真弓 編 環境倫理学(東京大学出版会)


1冊書評をしたいと思います。今回、書評をするのは、「環境倫理学」です(本記事は書評なので、この後は、「です」、「ます」調ではなく、「だ」、「である」調で書きます。)。

この本の編者の鬼頭秀一氏は東京大学名誉教授、福永真弓氏は東京大学大学院新領域創成科学研究科准教授であり、いずれも環境倫理学が専門である。

この本は、「人間vs自然、あるいは、人間中心主義vs人間非中心主義という『二項対立図式』」(2頁)を超えて「恵みも禍も、リスクもサービスも、自然的環境も、社会的環境も、精神的な環境も、全体として統合的に捉えて、しかも動的(ダイナミック)に全体をマネジメントしていく視点、そのような普遍的な原理を提供しようとしている」(277頁)「現時点での環境倫理学の決定版」(はしがきⅰ頁)といえる書物である。

環境法という法分野があるが、環境法は、環境政策と密接に結びついており、その「環境の政策に関わる全ての問題に対して、その理念的な枠組み、基準などを提供するのは、環境倫理」(270頁)であり、その意味で、環境法の裏付けとなる学問である環境倫理額の決定版であり、何度も読み返したい書物である。

林浩靖法律事務所では、本書に限らず、法律自体の情報はもちろんのこと、そのバックボーンとなる情報まで把握して、お客様に常に満足できる最良のサービスを提供させていただく所存ですので、何かお困りのことがありましたら、ぜひ、東京・池袋所在の林浩靖法律事務所にご相談ください。

弁護士 林 浩靖



投稿者 林浩靖法律事務所

カレンダー

2019年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31