所長ブログ

2016年5月23日 月曜日

[書評]森田章 上場会社法入門(第2版)(有斐閣)

1冊書評をしたいと思います。今回、書評をするのは、「上場会社法入門」です(本記事は書評なので、この後は、「です」、「ます」調ではなく、「だ」、「である」調で書きます。)。

本書の著者は、同志社大学教授で、会社法・金融商品取引法を専門とする。本書は、2010年の著作なので、当然のことながら、会社法の2014年改正をはじめとする法改正には対応していない。
ただ、そのようなことで、本書の価値が失われるとは思わない。本書は、「会社法による公開会社に関する規制だけでは、上場会社などが実際の企業活動を行っていることに対する規制の在り方を考えることはできない」(はしがきⅱ頁)という認識の下、「金融商品取引法の諸原理を会社法と関連づけて説明」(はしがきⅱ頁)しており、金融商品取引法も含めた上場会社に対する法規制を論じる際の体系を示している書物だからである。現実の会社法実務では、商業登記も大きな役割を果たすので、出来れば、商業登記法まで関連付けられればより良かったが、それでも、会社法と金融商品取引法を併せて体系化しているという点で、有用な書物である。その後の法改正は、適宜に位置付けれれば足りるのである。

林浩靖法律事務所では、関連する法分野については一体的な理解に努め、お客様に常に満足できる最良のサービスを提供させていただく所存ですので、何かお困りのことがありましたら、ぜひ、東京・池袋所在の林浩靖法律事務所にご相談ください。

投稿者 林浩靖法律事務所

カレンダー

2022年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31