所長ブログ

2016年4月18日 月曜日

[書評]佐藤優 危機を覆す情報分析~知の実戦講義「インテリジェンス」とは何か~(角川書店)

1冊書評をしたいと思います。今回、書評をするのは、「危機を覆す情報分析~知の実戦講義『インテリジェンス』とは何か」です(本記事は書評なので、この後は、「です」、「ます」調ではなく、「だ」、「である」調で書きます。)。

本書の著者は、以前、書評をした「新・帝国主義の時代 左巻 情勢分析篇(中央公論新社)」(該当する記事はこちら)、「世界史の極意(NHK出版新書)」(該当する記事はこちら)、「同志社大学神学部(光文社)」(該当する記事はこちら)の著者である、作家・元外務省主任分析官の佐藤優氏である。

本書は、「基本的に国家の仕事」(22頁)であるインテリジェンスについての書物だが、インテリジェンスにおいて、「大切なのは基礎知識」(33頁)であるため、後半は、教養のみにつけ方を解説するものとなっている。
「理解ができない、訳が分からない事態が起きていても必ず合理性があります。合理的に説明できないときは、知識が不足しているか、あるいは切口が間違えているか、その両方か、そのいずれかと捉えるべきでしょう。」(41頁)という部分は、何事にも当てはまると思う。そして、物事を理解するためには、基礎知識が必須ということになる。「中学三年から高校二年ぐらいまでの学びが、教養の基本形」(101頁)であるから、「今の自分の欠損箇所を素直に認めて、そこからスタートすること」(127頁)が勉強法の要諦ということになる。
高等学校レベルの基礎知識、アンカーとしての古典(181頁)を押さえることを心がけたいと思う。

弁護士という仕事は、依頼者の皆様のために頑張るのは勿論ですが、生じているトラブルは社会情勢が反映される面があります。法律以外の点についても、基礎事項をきちんと学んでおりますので、何かお困りのことがありましたら、ぜひ、正義を守る法律事務所である東京・池袋所在の林浩靖法律事務所にご相談ください。

弁護士 林 浩靖

投稿者 林浩靖法律事務所

カレンダー

2022年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31